武藤嘉紀選手が好きに

武藤の活躍が止まりません。
現役の大学生ということもあり、
本格的にJリーグで試合に
出るようになったのは今年からです。

長年Jリーグを見ている私の経験ですと、
適応するにはどの選手も1年以上の期間を費やしています。

しかし、武藤は十数試合程度出場した後から、
どんどんと結果を出し始めたのです。

 それどころか、日本代表にも召集され、
レギュラー争いの有力候補とされるようにまでなりました。

少し前まで決してレベルが高いとは言えない、
慶應大学でサッカーをやっていたとはとても思えません。
ドリブルを得意とし、Jリーグでも何度も相手を
抜き去る場面を見せていますが、ドリブルの上達には
「それなりの相手」が必要なはずです。

相手の反射神経やアジリティ、
読みなどの能力が高い相手と練習していないと、
上のレベルに上がったときに、
それまでと同じ感覚では普通は抜けなくなるからです。

ましてや大学サッカーからプロの
Jリーグに行ったわけですから、
ドリブルに関しては絶対に通用しないと思っていました。

しかし、そんな私の予想を武藤は裏切り、
JのDFを鮮やかに抜き去るのです。

 これは日ごろから高い意識を持って
練習していた賜物なのではと思っています。

今、目の前にいる相手よりも、
もっと高い相手を想定して懸命に
練習していたのではないかと思います。

22歳ながらとても豊富なスタミナを持っているところに、
その努力が垣間見えると思います。

最近はプロを打診される高校生が、
大学を経由してプロになるという選択をする人が
増えてきましたが、決して高い意識を捨てたわけでは
ないのだと個人的に安心しました。

 そして日本代表の試合において、
ブラジル戦にも出場しました。
ジャマイカ戦がアギーレが現時点で考える
ベストメンバーだと言われてもいますが、
そのメンバーの中に武藤はいました。

そして、ブラジル戦を選手を試す試合と
位置づけられたわけですが、そこで武藤は
後半から途中投入されました。

それまで岡崎などを除き、
日本の選手はブラジルの選手相手に
何もできずにいましたが、
武藤は積極的にドリブルで仕掛けています。

そしてそのドリブルがある程度通用していたのです。
ドリブルの成長には高いレベルの相手が必要だと
前述しましたが、体力的な差があったとはいえ、
ブラジルのDF相手でも交わす場面を見せたのです。

 こうなると、本当に大きな期待をかけざるを得ません。
武藤は来年もJリーグに残ろうと考えているという
報道がなされましたが、今のうちに彼の試合を
もっと生で見ておきたいと思います。

ドラフト上位指名の選手がプロで活躍するとは限らない

プロ野球界を見ていると本当に厳しい世界だと痛感させられます。
ドラフト会議で上位指名を受けた選手が数年後には
球団から放出されるなんてことはざらにあるわけです。

そうでなくても甲子園ではピッチャーとして
活躍していたのに野手にコンバートを
余儀なくされるというパターンもしばしば見受けられます。

それでうまくいった選手としてはたとえば
ソフトバンクの今宮選手ですが、持ち前の肩の良さで
ショートの守備の要として定着して、
足の速い選手の内野安打さえも許さないというような
すごい送球でいくつものピンチを救ってきました。

また、上位指名をされなかったのにも
かかわらず活躍した選手もいます。
そうです、あの鈴木一朗こと元オリックス
そして現ヤンキースで活躍しているイチロー選手です。

たしかに甲子園では目立った
活躍はなかったかもしれませんし、
もともとは投手でしたから
バッティングの方でいくら地方大会で活躍しても
チームが優勝できるほどの実力がなければスカウトの目にも止まりにくいのでしょう。

一方でドラフト当時はものすごく
注目を集めていたのにもかかわらず
あまり活躍できていない選手もいるわけです。

たとえば今でいえば斎藤佑樹投手ですが、
彼は2006年の甲子園で早稲田実業のエースとして
駒大苫小牧のエース田中将大との
壮絶な投げ合いに勝っていたのですが、
そのまま早稲田大学に進学して
あまりこれといった成長をせずにプロ入りしました。

即戦力として期待されましたが、
期待以上の活躍というのが
見られずそこそこの成績に落ち着きました。

また、巨人に入団した大田泰示外野手も
いずれ4版に据わるような豪快な打者に成長することが期待されていましたが、
ここまでまだ芽が出ずにくすぶっています。

プロ野球の世界というのはいかにハングリー精神を保てるかというのが重要なのでしょう。
プロになることがゴールではないので試合に出たい、もっとうまくなりたいという強い気持ちで
想像を絶するような過酷な練習と才能を全部かけてやらないと生き残ることができません。

阪神戦の観戦はいつ見てもすごいですね

 私は関西人という事もあり、長年阪神タイガースファンです。
結果が低迷する時期が多くても、観客数は多く、
チーム自体の力が弱くても応援者がおおくいるという事等が
選手・ファン・地域の方の心の支えになっているのではないかと感じられます。

その中でも、名物のラッキーセブンの時に飛ばすことになっている
ジェット風船も名物になっており、未だに続いています。

私も大学時代になってから、抽選で観戦券が当たり、
兄弟で観戦に出かける事がある他、途中からは、
私の両親が親会社の阪神電気鉄道株を入手するようになり、
その中で、5000株以上保有の株主を対象にペア観戦券を
プレゼントする事があり、これを利用して、日は別でも一家で
分散して出かけた事があります。

その当時は、星野監督以下、金本選手や赤星選手・矢野捕手等が活躍した時期でもあり、
全体的にも活気があったように感じます。また、テレビでの観戦の通り、
3塁側まで阪神球団の応援団が占めているという珍しい光景を目の当たりにする他、
応援も迫力があります。

また、選手一人一人の応援歌がある事も魅力です。
大阪に来た燃える男のエネルギーに引きよされたかのように、
チーム全体の結束力も強くなった他、グッズ販売も良くなった事等から、
リーグ優勝・日本シリーズ優勝へと導かれたと思われます。

その間、ある大物投資家が親会社の株式を大量取得しようとしていた事が問題となり、
関西の企業全体が買収防衛策へと走り、最終的には阪急電鉄と持ち株会社形式で
合併する形で落ち着きました。

今は日本シリーズ優勝へと導いた星野監督は阪神球団にはいませんが、
その当時の結束力が残っているせいか、その後は優勝までは至りませんが、
以前のように最下位状態が続く様な事はなくなったと思われます。

その為には、良い人材を獲得する事。人材は選手ですが、
今までの球団側は、優秀な選手がいても、高額な年俸を
出すようなことがありませんでしたが、優秀な選手がいた場合は、
チームの魅力を十分に伝えた上で破格の年俸で入団へと導く事も大切だと感じられます。

これらも強い球団づくりにもつながっているのではないかと思われます。
関西の球団として、関西人全体で盛り上げていこうではないかと感じるところです。